FPの役割


ファイナンシャルプランナーファイナンシャルプランナーとして活動している人には大きく分けて2つに分かれ、一つ目は企業系のファイナンシャルプランナーです。自らが所属している企業での保険の商品を提供するファイナンシャルプランナーです。保険会社の営業マンがファイナンシャルプランナーの資格を持っている人も多くいます。そしてもう一つは独立系のファイナンシャルプランナーです。特定の企業には所属せずに独立して活動をしているファイナンシャルプランナーです。独立系のファイナンシャルプランナーのパターンは個人で事業を開業している人、乗合代理店で業務を行っている人、来店型ショップで業務を行っている人に分けることができます。

企業系のファイナンシャルプランナーは当然保険に関する相談を受けてくれますが最終的に所属している会社の保険商品を提供します。したがって他社の保険に関する具体的な詳細を聞くことはできません。一方で独立系のファイナンシャルプランナーは特定の企業に所属していないので幅広く商品やプランを提案してもらえるのでたくさんの情報量を得ることができます

いずれにしてもファイナンシャルプランナーへの相談は保険だけではなく、家計全般にわたってマネープランなども相談できますのでまずは何でも聞いてみることが大事になります。


<関連サイト>
生命保険の無料相談/見直し【保険ゲート】