生命保険の見直しとは

日本人の生命保険の加入世帯率は8割を超えています。特に日本は世界的に見ても保険の加入利率は高い国です。しかし生命保険の加入の経緯を見てみると自ら積極的に保険に加入する人は実はあまり多くはありません。本当はその気がなかったのに身内や友人、知人などから勧めで入るという人も少なくありません。ただし保険に加入することで少なからずの安心を得られることも確かです。

生命保険生命保険に加入することで毎月の支払いが生じるので経済的な負担が増えることも事実です。保証の内容を良くすればそれだけの支払いの負担が増えるわけですから自らの収入とのバランスが重要になってきます。保険の内容は会社の特徴や会社が提供するプランによって用途が異なるので自分に必要なものは何かをしっかりと把握した上で判断しなければなりません。また保険にもある時期が過ぎると必要のないものも出てくるので、可能な限り必要のないものはなくして経済的な負担を軽くすることも大事なことになります。したがって保険にはある時期がくれば見直すことも必要になってきます。

保険を見直すタイミングは主に結婚した時、出産した時、離婚した時、マイホームを購入した時、子供が独立した時、定年、退職をした時などが見直すタイミングになります。保険を見直しをする時の注意点として、そもそも保険は何のために入っているのかの目的をしっかり持っておかないと勧められた保険の内容が良かったというだけでは結局無駄なものに支払いをするということもあり得るので目的を明確にすることが大事です。見直す主なポイントは生命保険の種類、受取人、補償金額、保障期間、支払い金額などがポイントになります。こうした見直しに関する相談は誰にすればよいのか?次回説明していこうと思います。